スポンサーリンク

岸信夫と安倍晋三の苗字が違うのは養子縁組が関係。岸信介元総理との関係も!

スポンサーリンク

安倍晋三元総理大臣の実の弟とされる岸信夫氏の苗字が違うのはなぜ?と思う人も多いでしょう。

これは、岸信夫氏が生まれてすぐ養子に出されたことで違うということが分かっています。

現代では養子?と思われますが、昔はさほど珍しいことではありませんでした。

以下詳細です⇓

スポンサーリンク

岸信夫と安倍晋三の苗字が違うのは養子だから

岸信夫さんは、安倍家の3男として生まれました。

そして、母親(安倍洋子)の兄(岸信和)の子として養子縁組を組まれたと言われています。

岸家は政治家家系であり、岸信和さんの祖父は岸信介元総理(第56・57代)です。

子どもがいなかった岸信和夫婦の跡継ぎなどを目的として養子縁組されたそうです。

岸信夫氏プロフィール

岸信夫氏は、やはり鼻のあたりなど安倍元総理に似ていますね。

  • 岸信夫(きし のぶお)
  • 1959年4月1日生まれ
  • 東京都出身
  • 慶応義塾大学卒業
  • 安倍元総理の実の弟
  • 祖父は岸信介元総理
  • 大叔父は佐藤栄作
  • 自民党細田派所属

信夫は自分が養子だとも、実の父母が晋太郎・洋子で兄が晋三であることも、知らずに育った。

Wikipedia

驚いたのは、大学に進学するころまで実の兄が安倍晋三だと知らなかったということです。

知った時にはショックだったそうですが、現在は兄弟で政界の一員として尽力されており関係も良好のようです。

スポンサーリンク

岸家と安倍家の家系図

コメント

タイトルとURLをコピーしました