スポンサーリンク

SAM(TRF)の実家は総合病院!25歳まで家族扶養の苦労過去あり

スポンサーリンク

TRFのダンサーとして誰もが知っているであろうSAⅯさん。

2022年にはジェロントロジー(加齢学)の修士号を取得して、100歳までできるダンスなど考案し、注目を集めています。

これまでに、25歳まで親の扶養だったなどの苦労人生も明かされています。↓

スポンサーリンク

SAM(TRF)の実家は丸山記念総合病院

ダンサーとして超有名なSAⅯさんですが、実家は明治時代から代々続く医師の家系です。

SAMさんの本名は丸山正温(まるやままさはる)。

埼玉県にある丸山記念総合病院は、SAⅯさんの父親も創設者のひとりで、医者(産婦人科医)でした。(享年69歳)

SAMさんのお兄さんは歯科医、弟は産婦人科医というダンサーとはかけ離れている印象を受けますね。

SAMさんのお父様は69歳という若さで永眠されていますが、現在も丸山記念総合病院は、SAMさんの親族が経営・運営していると表されています。

父は産婦人科医でさいたま市岩槻区の「丸山記念総合病院」の創設者の一人・丸山正義(1998年6月17日・69歳で死去。晩年はサムパパの愛称でメディア出演を行っていた)。現在は叔父・兄などが運営に当たっている。

Wikipedia
スポンサーリンク

SAMも60歳の還暦!

スポンサーリンク

SAM(TRF)は25歳まで親の扶養

コメント

タイトルとURLをコピーしました