スポンサーリンク

ヴァイオレットエヴァーガーデン原作との違いは?劇場版と3度楽しめる!

スポンサーリンク

地上波の金曜ロードショーでも放送されるヴァイオレットエヴァ―ガーデン。

アニメ版ヴァイオレットエヴァーガーデンを手掛けたのは、京都アニメーションです。

京都アニメーションといえば、「けいおん!」などの超人気アニメを担当している制作会社ですね!

そして劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデンもまた、「泣ける」「泣けるアニメ」などと言われており社会的な反響の強い感動の物語です。

アニメの劇場版も評判がとても高いですが、原作の小説も神と言われるほど評価の高い内容なんです。

スポンサーリンク

ヴァイオレット・エヴァーガーデンの原作と劇場版の違い

劇場版ヴァイオレットエヴァーガーデンの原作

原作は、暁佳奈さん作ヴァイオレット・エヴァーガーデン「上」「下」の2巻と外伝も出版されている小説です。

結論から言うと、小説とアニメ、劇場版では違う部分がたくさんあります。

それでも原作もアニメも映画も2度3度楽しめるといわれるほど魅力あふれる内容となっています。

劇場版はアニメの続編

小説のみを読んだ方は劇場版のヴァイオレットエヴァーガーデンを鑑賞すると、小説との違いをかなり感じるかもしれません。

劇場版の物語は、TVシリーズアニメのヴァイオレットエヴァーガーデンの続編となっており、アニメを見ていた方にはよりすんなりと鑑賞できるかと思います。

原作通りなのは第7話のみ?

TVで放送されていたアニメ版は、実は第7話から原作通りの内容となっています。

第7話までの内容はアニメ版の物語となっています。

7話以降も、原作には無い話が盛り込まれ、登場人物も少し変わってきます。

スポンサーリンク

ヴァイオレット・エヴァーガーデン原作と劇場版の違い比較

登場人物が違う

小説のみの登場人物
  • ラックス・シビュラ(ヴァイオレットの友人で、C.H郵便社でホッジンズの秘書として働く)
アニメ版のみの登場人物
  • エリカ・ブラウン(自動手記人形の一人。C.H郵便社で働くネガティブなキャラクター)
  • アイリス・カナリー(自動手記人形の一人。C.H郵便社で働く)
  • ローランド(C.H郵便社のベテラン配達員)

物語のスタートと結末が違う

原作の小説では、主人公のヴァイオレットの手がすでに義手になっているところからスタートします。

そして下巻の最終話では、ヴァイオレットとギルベルト少佐が再会しています。

TVシリーズのアニメ

TVで放送されたアニメは、上述のヴァイオレットが傷を負う前の話からスタートしており結末も小説と違って、ギルベルト少佐が生きているのか不明な結末でした。

劇場版

劇場版では、ギルベルト少佐が生きていることが分かるところからスタートします。

アニメのみを見ていた人には、とてもワクワクする内容ですね!完結編となっています!

スポンサーリンク

愛とは何か?東野幸治も絶賛

”すべてが詰まっている”アニメだと、東野幸治さんはじめ、千鳥のノブやハライチさんもお勧めするこのアニメ。

感情のなかったヴァイオレットが、どんな風に愛を理解していくのか、感情を持つのか、涙なしでは見れない物語です。

原作と違っていても、良い意味で裏切られ、アニメ版と劇場版で2度も3度も楽しめる胸打つストーリーです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました