スポンサーリンク

三谷幸喜が苦手と言われる3つの理由!なぜ?大河の評判は?

三谷幸喜さん脚本の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』がスタートしました!

三谷幸喜さんといえば数々の名作映画やドラマを脚本されてきていますが、今回の大河がスタートしてから三谷幸喜が苦手だという声も多くありました。

この記事でわかること
  • 三谷幸喜が苦手と言われる理由
  • ネットの声
  • 鎌倉殿の13人の評判
スポンサーリンク

三谷幸喜が苦手と言われる理由

三谷幸喜のお笑いが分からない

三谷幸喜脚本の名作と言えば、「ザ・マジックアワー」や「ステキな金縛り」などコメディに満ちた作品が多いですが、その三谷幸喜さんが作る笑いの世界や設定を面白いと思えない人もいるようです。

今回の大河も、話の構成を見て三谷幸喜さんが脚本だと気づいた人もいるほど、どうやら人によっては独特の世界感なのかもしれません。

なんでもコメディにするから苦手

なんでも面白おかしくコメディにするところが三谷幸喜さんの良さかとおもわれますが、逆にそれが苦手な方も多いようです。

とくに2022年の大河ドラマは真剣に見たい人もいるなかで、コメディになりすぎて苦手と言われるのに拍車がかかってしまったのかも?

クセが強いから苦手

三谷幸喜さんのクセの強さを感じるので苦手なんだと言う方もおられます。

三谷幸喜脚本大河『鎌倉殿の13人』の評判は?

苦手な日本史が分かりやすくなる

大河ドラマだけどおもしろい!

難しいイメージのあった歴史が題材となる大河ドラマも、三谷幸喜さんが脚本だから「おもしろい!」という声も多くあります!

三谷幸喜が苦手と言われる理由・まとめ

SNSでは大河のスタートをきっかけに、”三谷幸喜”がトレンド入りし、それと同時に”苦手”というワードも多くありましたが、三谷幸喜さん自身が苦手というより、”脚本家として苦手”という人がほとんどでした。

その理由の大体は上記に並べた通りでした。

表舞台に立つ以上、賛否両論の声があるのは当然のことです。

2022年の1年間の大河ドラマは三谷幸喜カラーに染まりそうですが、苦手な方も好きなかたも楽しめると良いなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました